遺言

貸金庫契約

貸金庫の内容物の差押え 債務者が銀行の貸金庫を有していることもあります。この場合,貸金庫契約上の内容物引渡請求…

author:弁護士法人AURA(アウラ)
説明解説する人

遺言執行者による遺言執行に抵触する処分行為

遺言執行者による遺言執行に抵触する相続人の処分 遺言執行者の選任 遺言の執行のために遺言執行者が選任されること…

author:弁護士法人AURA(アウラ)

遺言の撤回,再撤回

遺言を撤回する理由 遺言は単独で作るという特徴があります。契約のように複数の当事者が合意するというプロセスがな…

author:弁護士法人AURA(アウラ)

遺言代用信託

遺言の弱点 遺言代用信託の特徴を理解するには,通常の遺言との違いに着目すると分かりやすいです。そこで最初に,通…

author:弁護士法人AURA(アウラ)
説明解説する人

検認

検認 検認の対象となる遺言 公正証書以外の遺言(自筆証書遺言及び秘密証書遺言)は,公的システムによる保管方法が…

author:弁護士法人AURA(アウラ)
説明解説する人

遺言認知・死後認知

遺言認知と死後認知 〈背景事情〉 子の出生後,すぐに認知をしないことがあります。父が子を認知しないとか,認知を…

author:弁護士法人AURA(アウラ)

共有持分の放棄

共有関係を解消(離脱)する方法 共有持分の放棄は,共有関係から離脱する方法として活用されます。これ以外にも,共…

author:弁護士法人AURA(アウラ)

遺言の訂正・変更

遺言の訂正・変更の方式と有効性(規定) 自筆証書遺言を記載した後に変更したい状況も生じます。一般的には『訂正』…

author:弁護士法人AURA(アウラ)

公正証書遺言

趣旨 遺言者の意思を十分に確認し,遺言に遺言者の意思を正確に反映させること 作成方法 ① 証人の立会 公正証書…

author:弁護士法人AURA(アウラ)
相談・解説 高齢者

遺言の種類

遺言の方式と種類 ① 普通方式(実際によく用いられる) ・公正証書遺言 ・自筆証書遺言 ・秘密証書遺言 ② 特…

author:弁護士法人AURA(アウラ)
Page Top